マンション経営についての疑問を解決!!

マンション経営に関するよくある質問|セカンド住販株式会社

福岡でのマンション経営に関する よくあるご質問の回答

どんな人がマンションを購入しているのですか?
バブル期と違って、高額所得者が投機的に買うことはあまりなくなりました。
現在はサラリーマン、OL、公務員の方々が現状の生活と将来の老後に不安を感じ、「保険・年金対策」のひとつとしてマンション経営をはじめられます。
詳しくは、セカンド住販の不動産投資を始めてみませんか?をご覧ください。
居住地から遠く離れたマンションを所有するのが不安なのですが。
単身者用マンションでは、居住地に関係なく、福岡・東京・大阪など都心部でのご購入を推奨します。
なぜなら、地方に比べ都心部では人口数が増加傾向にあり、単身者用マンションの需要が高いため、値崩れ、空室等の様々なリスクを抑えることができるからです。
また弊社サービスとして、遠く離れた地でもオーナー様がご心配されないよう、入居の募集や賃貸契約の手続き、集金やクレーム対応、退去時のリフォーム手続き等、マンション経営に関わるあらゆる管理業務をサポートさせていただきます。
どんなマンションを選んだらいいか分からないのですが。
マンションを取り巻く環境は、様々な外的要因により、日々変化しております。
弊社では、立地条件をはじめとして、マンション周辺の家賃価格の相場や推移、今後の展望等を調査し、安定した収入が見込める最適なマンションをご提案いたします。
まずはお気軽にご相談下さい。
入居者が決まらなかったら?
マンション経営の初歩的なリスクともいえる空室ですが、一番のリスクヘッジは、立地条件の優れたマンションを選ぶことです。
都心部でロケーションを間違わなければ、まず長期間空室になることはありません。
特に福岡市中心部は、他県と比較しても、単身者や、学生の数が多いと言われております。
さらに、弊社独自の安心保証「サブリースシステム」(家賃保証制度)等もご用意していますので、空室により家賃収入が途絶えてしまうリスクは回避できます。
不動産価値は下がらない?
不動産価格はバブル後一貫して下落を続けてきましたが、ここにきて都心の一部16年ぶりに上昇に転じるなど、一部で変調の兆しも見えてきました。
また、日本の不動産価格の底入れを見込んで、外資系投資銀行が数年ぶりの本格投資に動くなど、海外の資金も動き始めています。
今後の不動産価格に対する見方はいろいろありますが、当然下落するリスクも上昇するメリットもあります。
将来にわたって値下がりのしづらい地域を狙うのは当然のことですが、価格低迷のリスクを考慮したうえで購入する必要があるかと思います。
購入後の物件管理や入退去者の手続きなどの管理や運営が面倒なのではないでしょうか?
購入の際の手続きは、オーナー様に負担がかからないように面倒な手続きは全て弊社が代行します。
購入後の煩わしい建物管理、賃貸管理等も全て弊社が管理致しますので、オーナー様に負担がかかる事はございません。
オーナー様には毎月振り込まれた家賃の確認をするだけで安心してマンション経営に取り組んでいただけます。
長期ローンを組んで、ずっと支払うのってかなり難しいんじゃないですか?
家賃収入や節税分などを、繰り上げ返済に回し、早く無借金にされる方が大半です。
定年までに無借金にされ、定年後は家賃収入を安定した収入源にされている方が大半です。
将来転売は可能か?
永く保有することを推奨しますが、何らかのタイミングで売却を検討される場合は適正価格の範囲内であれば売却可能です。
また、売却のタイミングですが、賃貸入居者が不在の場合には中古物件を検討している次のオーナー候補者の参入が見込みづらい状況となりますので、入居者が確保できている状況での売却がおすすめです。
購入後、維持費などいろいろなお金がかかるのでは?
マンションの維持・補修は、建物全体の「共有部分」とお部屋の中の「専有部分」の2つに分けられます。
まず「共用部分」に 関しては、一定期間ごとに大規模修繕工事や共用設備の交換などメンテナンス・修繕工事を行っております。
その際の出費は毎月の修繕積立金から拠出して補修します。
また「専有部分」に関しては、入居者様にお部屋の原状回復費の一部ご負担もありますので、マンション全体・お部屋の維持、補修に大掛かりな費用は生じません。
ワンルームマンションをローンで購入して、万が一死亡したり高度障害者になった場合、ローン返済はどうなりますか?
ローンで購入した場合、必ず加入しなければならない団体信用生命保険に入っていただきます。
これは、オーナー様が死亡、もしくは失明や言語機能を失うなど、高度障害状態になったとき、ご家族の負担にならないようにするための保険で、残ったローンは全て保険で支払われるようになっています。
つまり、団体信用保険に加入することで、ワンルームマンションがご家族のために残り、しかも毎月ご家族のところへ家賃が入ってくるので、安心して暮らせます。
もちろん売却で現金化もできますので、生命保険の代わりにもなるわけです。
確定申告はどうなるのですか?
確定申告は、弊社顧問税理士がオーナー様に代わり、サービスにて毎年申告者を作成しております。
オーナー様には、毎年完成された申告書を管轄の税務署に提出していただくだけで、税金還付等のメリットを感じていただけます。
詳しくは、セカンド住販のマンション経営トータルサポートをご覧ください。

セカンド住友:当社に関するよくある質問(FAQ)

セカンド住友へようこそ!私たちのチームはあなたを支援し、あなたのすべての質問に答えるためにここにいます。ここ福岡のマンション管理について、よくある質問を掲載しました。 

私たちのリストに含まれていない質問がある場合は、092-409-2768までお気軽にお問い合わせください!

よくある質問(よくある質問)

質問1:どのような人がアパートを購入していますか?

90年代とは異なり、高所得者は投機的に購入する可能性が低くなります。今日、典型的なサラリーマンや公務員は、彼らの「保険と年金措置」の一つとしてマンション管理を始めている人たちです。

質問2:住んでいる場所から遠く離れたアパートを所有するのが心配です。

単身マンションの場合は、お住まいの地域を問わず、福岡、東京、大阪など都心部での購入をお勧めします。

都心部の人口増加により、単身者向けマンションの需要は引き続き高まっています。これにより、価格暴落や空室などの様々なリスクが抑制されます。

さらに、セカンド住友商事は、採用、賃貸契約、徴収、請求対応、改革案など、入居者のあらゆる手続きの管理をお手伝いします。マンション管理に関わるすべての事務をサポートしますのでご安心ください。

質問3:どのようなアパートから選ぶべきかわかりません。

マンションを取り巻く環境は、さまざまな外的要因により日々変化しています。 

入居者様の皆様のお役に立てるよう、立地状況を含めたマンション周辺の市況や賃料動向を調査し、安定した収入のある最適なマンションをご提案いたします。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

質問4:居住者が決まっていない場合はどうなりますか?

マンションの空室が発生した場合は、常に条件の良い物件を優先することをお勧めします。

他の都道府県に比べて独身者や学生が多いので、福岡市の中心部近くで購入することをお勧めします。

また、独自のセキュリティ保証「転貸制度」(賃料保証制度)も設けており、空室により賃料収入が途絶えるリスクを回避することができます。

質問5:不動産の価値は下がりますか?

バブル以降、不動産価格は一貫して下落している。しかし、16年ぶりに東京が台頭するなど、変化の兆しが見られます。

また、海外ファンドも増加し始めており、外国投資銀行は数年ぶりに本格投資に移行しました。 

不動産投資には明るい未来がありますが、それでも下落する可能性があります。価格下落の可能性が低い地域を目指すのは当然ですが、それでも価格下落のリスクを考慮して購入する必要があると考えています。